subtitle
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Japanese(JP)English (United Kingdom)

政策・メディア研究科は1994年に湘南藤沢キャンパスに設置した独立大学院です。研究科には修士課程と博士課程があり、対象領域はIT基盤技術、ユビキタスネットワーク、社会イノベーション、テクノロジーとデザイン、都市環境、国際協力、政策形成など多岐にわたっています。研究科は100人以上の研究科委員が在籍しており、8つのプログラム(専門領域)によって研究活動を組織しています。

プログラム制度

◆グローバル・ガバナンスとリージョナル・ストラテジー(GR)

ヒューマンセキュリティとコミュニケーション(HC)

政策形成とソーシャルイノベーション(PS)

認知・意味編成モデルと身体スキル(CB)

環境デザイン・ガバナンス(EG)

エクス・デザイン(XD)

サイバーインフォマティクス(CI)

先端生命科学(BI)

これらのプログラムは固定されたものではなく、社会や技術の変化に応じて柔軟に連携し、形を変えてゆくものとなっています。今回新設された環境イノベータプログラムは環境デザイン・ガバナンス(EG)を中心とし、HC、PS、CIも加わった分野横断的なプログラムです。